最近、感動したことⅢ

2017.07.28 研修INベトナム

親しくさせて頂いている工務店の方がベトナムに人材を探しに行くというので、せっかくの機会だと思い同行させて頂きました。2泊3日のタイトなスケジュールでしたが、人も街並みも料理もすべてが最高でした!

特に着いた夜に知り合った現地の方が、翌日まる一日バイクで色々な所を案内してくれたことが一番の思い出となりました。バイクの後部座席から眺めるハノイの街は、まるで夢の中にいる様で最高のひと時でした^^

2017.07.17 Nuff

鹿児島に行くと立ち寄りたくなる「Nuff」。桜島をのぞむ丘の上に建つ雑貨店で、同じ敷地内には見晴らしのいい喫茶店もあります。どちらの建物もすごくカッコよくて、訪れる度に勉強させてもらっています。

ここに来て感じるのがオーナーの熱い思いで、本当に昔からイメージされてきたものをそのまま実現されたんだろうなぁと、そのエネルギーに感服させられます^^

2017.06.29 D.A.N

あのサカナクションのボーカル山口一郎さん、そして「孤独のグルメ」でおなじみの松重豊さんも絶賛するバンド「D.A.N」。すごく洗練されていて、心地いい音楽です。最近は寝る前にビールを飲みながら聴かせてもらっています^^D.A.Nの音楽を聴いていると無性に、若干40歳で急死したレイ・ハラカミを聴きたくなり、そして改めてその才能に感服させられます!


2017.06.18 MONKEY MAJIK

昔よく聴いていたモンキーマジックのライブに行って来ました。

本当に最高のライブで、その中でもプラント兄弟が2人で初期の楽曲3~4曲(「turn」「All by Myself」等)をしっとりと唄ってくれた時間は、よく聴いていた当時の状況も甦ってきて、本当に最高のひと時でした!

この次は、多分こちらの方には来ないとは思いますが、エゴラッピンのライブには一度は行ってみたいです^^


2017.05.07 めんたい重&つけ麺

福岡を訪れた際は必ず食べに行く、元祖博多めんたい重のめんたい重&つけ麺。

自分はいわゆるグルメではないですが、ここの料理は本当に食べることの幸せを感じさせてくれます。

店の雰囲気も良くて、福岡へ旅行に行かれた際には是非おすすめのお店です^^(人気店なので要予約です)

2017.04.11 GLIM SPANKY

松尾レミと亀本寛貴の男女2人による音楽ユニット、グリムスパンキー

今日たまたまラジオから流れてきた歌声に、久しぶりの衝撃を覚えました。自分の大好きなジャニス・ジョプリンを彷彿とさせる歌声にしばらく釘付けとなりました。二人とも平成生まれとまだ若く、すごく楽しみなバンドが出てきました^^


2017.03.29 焼酎バー「ほこら」

都城市牟田町にある焼酎バー「ほこら」。牟田町に飲みに出る時はよく利用させてもらっています。まず店の雰囲気がいいのと、料金も良心的でチャージ1000円(マスター手作りのポテトサラダや枝豆付)と焼酎が1杯500円です。マスターも自分と同年代のすごく感じのいい人で、10数年に渡り一人で切り盛りされています。先日は平日行ったのですが、いつの間にか20~30ある席が全て埋まっていました。いわゆる派手な看板や広告はなくても、本当にいいものを提供すれば自然と人が集まって来るんだなぁと改めて感じさせられました。これから先も利用し続けたいと思います^^

2016.12.13 上原ひろみ

都城市総合文化ホールで開催された、世界の第一線で活躍するジャズピアニスト 上原ひろみのコンサートに行って来ました。

感想を一言で言わせてもらうと、想像していた10倍すごかったです!上原ひろみの高すぎる技術と表現力に、圧倒されっぱなしでした^^またMCからも人柄の良さが伝わってきて、本当にいい時間を過ごさせてもらいました。

また機会があったら、是非行きたいと思います^^

2016.11.10 鬼束ちひろ

鬼束ちひろの「月光」は一度は生で聴いてみたいと思い、JOYFM Premium Live 2016に行って来ました。

最後に登場した手嶌葵もすごく良かったですが、なんといっても鬼束ちひろのステージはすごかったです!約1時間、一切のMCなしで12曲ほど見事に歌いあげていました。一時期は大変な時期もあったみたいですが、鬼束ちひろは間違いなく天才であるとしみじみ感じました^^本当に聴きに行ってよかったです!

2016.10.29 黒木周さん

都城市在住の版画家、黒木 周(くろき しゅう)さん。現在、黒木さんの工房で開かれている作品展に行って来ました。元々黒木さんの作品が好きで仕事場にも飾っているのですが、今回の作品展で改めて黒木さんのすごさを感じることが出来ました。

最近も長野県の軽井沢や、無印良品MUJI新宿などでも作品展が開催されていて、本当にすごい人が地元にいるものだと感じさせられます^^

2016.10.20 今改めて、オレンジ・ペコ―

1998年に結成された、神戸市出身のナガシマトモコと宝塚市出身の藤本一馬による音楽ユニット、オレンジ・ペコ―

今改めて聴いてみると、本当に歌の巧さと曲の良さに感動させられます。またこのビッグバンド編成がすごく良い感じです^^

3,4年前に、横浜の赤レンガ倉庫内にあるライブハウスモーション・ブルー・ヨコハマで見たライブの感動は、今でも色褪せないです。

最近はソロ活動が中心みたいですが、また是非ユニットとしてのライブを見てみたいです!


2016.09.19 三菱一号館美術館 界隈 & ハーモニカ横丁(吉祥寺)

週末、東京に研修旅行に行ってきました。

その中でも印象に残ったのが、東京駅近くの丸の内にある三菱一号館美術館 界隈と、吉祥寺にあるハーモニカ横丁でした。

三菱一号館美術館は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)が老朽化により解体されたものを復元したものだそうです。この赤煉瓦の建物とその周辺の街並みや自然との調和がすごく心地良かったです!

ハーモニカ横丁も期待通りのところで、新宿のゴールデン街とはまた違ったとても魅力のある街でした^^

2016.09.04 バビロンの大富豪

将来本当に年金がもらえるのかも分からないこのご時世、きちんと自分でもお金の勉強をしなくてはと考え、最近何冊かお金に関する本を読んでいます。その中でも特に印象深く心に響いた本が、約90年前に書かれ今なお世界中で読み継がれている「バビロンの大富豪」という本です。

本の内容は、紀元前に繁栄したと言われる古代都市「バビロン」の寓話から、世界で最も裕福だったとされるバビロン市民の文明、文化を学んで富とそれにまつわることを理解するための手引きとして書かれたものです。

題名からして難しい本なのかなと思いましたが、非常に分かりやすく書かれていて、本当に為になる一冊でした^^

2016.08.28 竹内 栖鳳

久しぶりに宮崎県立美術館に行って来ました。そこで、竹内 栖鳳(たけうち せいほう)という画家がいたことを今回初めて知りました。家に帰って調べてみると、「東の大観、西の栖鳳」と言われ、1937年に横山大観と揃って第1回文化勲章を受賞した程の日本画の大家だったみたいです。

線のタッチ・色合いも素晴らしいですが、実際に描いていない部分の「間」の取り方がとにかくすごいなぁと感じました!

2016.08.13 弥勒祐徳さん

宮崎県西都市在住の画家、弥勒 祐徳(みろく すけのり)さん。御年96歳で現役の画家です。

以前新聞乗っていた弥勒さんの桜の絵が印象に残っていて、西都にあるご自宅に隣接したギャラリーに行ってきました。

ご本人は不在でしたが、絵の圧倒的なエネルギー、弥勒さんの独自の視点とその中にあるストーリーを感じることが出来ました。

いわゆる若き天才もカッコいいですが、弥勒さんの様に90歳を過ぎても一つの事に情熱を注ぐ生き方も同じくらいカッコいいなぁと感じた一日でした ^^

◀BACK         NEXT▶