第499回 彌勒 祐徳 作品展

3日間の個展が無事終了しました。想定をはるかに上回る約200人の方々にお越しいただきました。

今回作品展を企画させていただいて、改めてみろく先生がいかに皆さんに愛されていたのかを実感させられました。遠くは川南町や椎葉村・日南市からもお越しいただき、弥勒さん愛を語ってくださいました。

また地元都城から来てくださった方々も、大好きな弥勒さんの作品を地元でゆっくり見れてうれしいとの声も多数いただき、すごく嬉しかったです。私自身これからもずっとみろく先生の絵を愛し続けたいと思います。

今回このような機会を与えてくださった弥勒さんのご親族の方々、またギャラリーを快く貸してくださった黒木さんご夫妻、大きく記事に取り上げてくださった宮日新聞の奈須記者、そして応援してくれた家族や仲間に感謝したいと思います。

本当に貴重な時間をありがとうございました。

本業とは関係ないですが、このたび私の大好きな画家で今年5月に105歳で永眠された、弥勒祐徳さんの作品展を企画させていただける事になりました。期間は7/13~15の3日間、都城市出身で全国で活躍されている版画家 黒木周さんのギャラリーをお借りして開催します。多分このような経験は最初で最後ですが、大好きなみろく先生の絵をより多くの方々に見てもらえるよう、精一杯頑張ります。

お近くにお住いの方は本当に素晴らしい作品ばかりですので、是非ご覧ください。